入門者へのおすすめは、なんといっても下記の2点です。拙著『実用ルーン占い』の中でもご紹介しています。

 

【1】『神聖ルーン・タロット占術 (ルーンカード付)

【2】『ルーンの書(ルーン石セット付)』

 

しかし現在はどちらもAmazon.co.jpでは在庫切れのようですね……

定価以上の中古品を買う必要はありません。

『実用ルーン占い』を書いた当時は、こういう事態を想定していなかったので、戸惑っております……(^_^;)

もし定価またはそれ以下の価格で手に入る機会があるなら、入手してみてください。

 

人それぞれ好みや感性は異なりますから、

木製チップや、パワーストーンのルーン石の方が合う人もいると思います。

自分のピンと来るものを使うのがいちばんです。

 

【1】は鏡リュウジ氏の著書です。ルーン占いのことだけでなく、ルーン文字の歴史や北欧神話の世界観、ルーン魔術など、ルーン占いに関する内容を広く浅く俯瞰できる内容で、しかもきれいなルーンカードが付いているので、ルーン占いが初めての入門者には特におすすめです。

ルーンカードなしでも、解説書だけでもおすすめです(ただし定価以上の中古品購入までは勧めません)

 

なお、KAZ自身はざっくばらん派なので、占い道具の専門性などにはこだわりはないのですが……

占い作法にこだわりのある方は、占い専用クロスや、ポーチを使うとよいでしょう。

こだわりのない人は、自分の好きな物を好きなように用いて楽しみましょう。

100円ショップの物でもOKです。

 


ルーン魔女 KAZ著 『実用ルーン占い』と、

『日用ルーンメッセージ ~実用ルーン占い応用編』は、Amazon.co.jpにて好評発売中!


ルーン占いを実生活にいかすための、実際的な内容です。

的確な解釈方法と解釈例の説明に特化し、

ルーン魔女KAZのノウハウを惜しまず公開しているルーン占い解説書!


■『実用ルーン占い』の目次はこちら

■『日用ルーンメッセージ ~実用ルーン占い応用編』の、目次はこちら



はっきり言っておきましょう。

いくらルーンのお勉強をしても、ルーン占いはできません。

ルーンの意味を解釈するための予備知識として、心理学の基礎知識は必須です。

(ルーン以外の占いでも同じことがいえるでしょうが)

 

占いの解釈が的確にできるようになるためには、ユング・フロイトの古典心理学ではなく、

スピリチュアルなことと、学問的な心理学をバランスよく理解しておくことが必要です。

人生経験が豊富な人なら、自らの経験の中でそれらのことが身についているでしょう。

しかし、一人でそんなにたくさんの人生経験ができるわけではありませんから、

もっとも効率がよい勉強方法として、読書をお勧めいたします。

 

特にチャック・スペザーノ氏のビジョン心理学関連の書籍は、必読です。 

中でも『セルフ・セラピー・カード』は、カードですからセッションに使えますし、

心理学を学ぶ教材としても使えるすぐれものです。

ルーン占いとの相性も良いです。

傷つくならば、それは「愛」ではない』もお勧めです。

 

読書が苦手云々という言い訳をするのは、ヤル気がない証拠です。

各種リーディング・鑑定をする人は、例外なく読書家で勉強家です。

皆、見えないところでたくさんの勉強と努力を続けています。

自らの努力なしに、身に付く知識や技術はありません。


はっきりいって、実際のルーン占いの解釈をするには不要な知識です……

しかしせっかくの機会ですから、ルーン文字のことを学術的な角度から知りたい人、

北欧神話の世界観を楽しみたい人は、こういう本を読むのも後学のためによいと思います。

ルーン文字については、『ルーンの教科書―ルーン文字の世界 歴史・意味・解釈』をお勧めいたします。

(↑しかしこれも現在品切れっぽいですね……定価以上の中古品は買わなくていいですよ)

北欧神話については、『いちばんわかりやすい 北欧神話 (じっぴコンパクト新書)』がお勧めです。

 

しかし何度も言いますが、ルーン占いの解釈に必要なのは占者の直感と心理学の方であって、

ルーン文字や北欧神話の詳しい情報は、占い解釈技術とは別であることはご理解ください。

ルーン文字マニアになっても、ルーン占いの解釈がうまくなるわけではありません。

ルーン占い以外の占術をメインにしている人が、クライアント相手に神秘的な雰囲気を演出するためにルーンを利用するということならば、ルーン文字の歴史や北欧神話の知識はそれなりに役立つでしょう。