ルーン魔女 KAZ(かず)

 

実用ルーン占い師、ライター

 

 

KAZは現実主義者です

法学部卒。

感情に流されずに物事を判断する、リーガルマインドを大切にしております。

地に足付いた、現実的・具体的・実際的なリーディングが得意です。

神秘主義者ではありません。

何が言いたいのかわからない慰めや癒しのメッセージをささやくことはできかねます。

 

 

KAZがルーンに惚れこんだ理由 

ルーン文字は、問題の核心・本質を、ズバッと言いきってくれます。

そのいさぎよさ、歯切れのよさに、KAZはベタ惚れしています!

 

これまで、ルーン占い以外のいろんな占いも試してきましたが、

他の占いでは、気休め的な癒しメッセージしか得られなかったり、

話が抽象的で、結局何をどうすればいいのかわからないという不満がつのりました。

 

KAZは、悩み事があるとき、とにかく解決策を知りたい人です。

それも、具体的で、すぐに実行可能な解決策が知りたい性分です。

悩みに対して、なぐさめや共感の言葉がほしいわけではない。

瞑想、深呼吸、運動をするなど、気晴らしの方法も後でいいから、とにかく解決したい。

 

そんな時、ルーン占いは、淡々と、KAZの悩みの本質をハッキリと見せてくれて、

KAZにとって必要なことを、容赦なく指摘してくれました。

率直で厳しいメッセージをもらったときも、不思議とイヤな気持にはならず、

むしろ「誰も私に言ってくれないことを、よくぞ言ってくれた!」という、

すがすがしさを感じます。

 

こちらの質問に対して、忠実に回答してくれる誠実さは、ルーンが随一です。

KAZ自身が、ハッキリとものを言える人間でありたいと常々思っているため、

白黒はっきりしてくれるルーン占いとKAZは、とても相性が良いです。

 

ルーンは、こちらが悩んでいること、知りたいこと、解決策……

その本質的な部分を、的確に伝えてくれます。

ルーンのメッセージには、まわりくどい前置きや、安易ななぐさめはありません。

抽象的であやふやなことも言いません。

どんな質問内容であっても、大マジメに、実直なアドバイスをしてくれます。

(換言すれば、遠慮も容赦もないということです……)

 

KAZは、ルーンの 「誠実さ」 「わかりやすさ」 が大好きなのです。

 

 

 

KAZは霊界語の翻訳家です

異次元の存在とのチャネリング(意思疎通)内容を、文章に書きおこすのも得意です。

 

詳細は拙著をご覧ください。Amazon.co.jpから書籍購入可能です。

 

『旧約聖書と外典に学ぶ95のライフアドバイス』(KAZ名義)

 

『スピリチュアルにつかれてしまったあなたへ スピリチュアル依存から卒業するための、27のヒント集』

 

アングラ天使と語る、スピリチュアルな本音のおはなし THE BLOOD JOKE

 

KAZのルーン占いでは、霊界語を翻訳するのと同じ要領で、

ルーン文字のメッセージを日本語に翻訳しています。

 

 

 

KAZの執筆歴

現在は出版処てんてるから、ルーン占い解説書等、発売中です。

 

過去の執筆歴を白状しておきますと……

 

角川書店 第1回小説あすか新人賞にて奨励賞

同第2回 期待賞(最終選考通過)

小説ウィングス新人賞 4次選考通過など ……

 

昔は小説家になりたかったのですが、相性が良かった投稿先が休刊になってしまったのと、

他の投稿先のBL傾倒化を受け入れることができず、小説家になることは断念。

 

その後、KAZが書いてきた小説の内容はすべて、

わたし自身の過去世の出来事だと気が付きました。

それ以降、小説を書くことへの興味が急に失せてしまいました。 

同時に、KAZ自身の興味が、フィクション物語よりも、

ノンフィクション、ルポタージュ、実用書の方に向くようになりました。

 

 

ルーン魔女のバックボーン  

ルーン占いに関しては、師匠や先生はいません。独学です。

スピリチュアル系の組織・団体にはいっさい属していません。

心の師匠はたくさんいます。

運転免許証以外に、これといった資格は所持していません。

 

KAZが今世でルーン占いと出会ったきっかけは、

鏡リュウジ氏の著書「神聖ルーン・タロット占術改訂版」です。

ルーン文字のシンプルなデザインと、清涼感ある波動に魅かれて、

ルーンタロットカードがぼろぼろになるまで、夢中でやりこみました。

あとはさまざまなシンクロニシティに導かれながら、

チャネリングで直接、異界の存在にたくさんのことを教わりました。

 

現在のKAZはルーン占いが専門ですが、KAZのベースにあるのは、神道です。

 

10年ほど前に、滋賀県の日吉大社にて、

大己貴神(おおなむち)と出会って会話をしたのがきっかけで、

古事記・日本書紀・ホツマツタヱ・ミカサフミ などの神道研究にのめりこみ。
万葉集などを読みつつ日本各地の神社を尋ね歩いていました。

 

その後さらに神仙道・道教・キリスト教・カバラ・ クロウリー系魔術・エノク魔術など、
いろいろな精神世界ジャンルに首を突っ込み。

心理学や西洋哲学を学びつつ、タロットなど各種カード占いもあれこれ試しました。

 

いろいろ試した結果、自分の好きなやり方で、好きな時にチャネリングするのが、
一番早くて役に立つということがわかったので、
ミニ図書館ができそうなぐらいに収集した書籍、カード類はすべて処分。

 

KAZがルーン・リーディングをする際は、上記のスピリチュアル系専門知識に加えて、

小説を書き続ける中で得た一般教養・雑学その他あらゆる知識を総動員して、

リーディングをしております。

 

詳細は公表できないのですが、日本の某神様とリンクしているルーン文字もいくつかあり、

KAZのルーン占いには、神道のエッセンスも混ざっています。

拙著『実用ルーン占い』の「第5章:ルーンと古代日本語のシンクロ」で、

ごく一部をご紹介していますので、ご興味ある方はぜひご一読ください。